Ceilometer インストール

 

 

 

コントローラー・ノード

 

  • Ceilometer パッケージのインストール

# apt-get install ceilometer-api ceilometer-collector ceilometer-agent-central ceilometer-agent-notification ceilometer-alarm-evaluator ceilometer-alarm-notifier python-ceilometerclient

 

  • Ceilometer の DB として MongoDB をインストール

# apt-get install mongodb-server

 

  • MongoDBをコントローラーでサービスを受け付けるよう設定。/etc/mongodb.conf ファイルを編集します。

bind_ip = 172.<ID>.30.80

 

  • 設定の変更を適用する為、MongoDB を再起動します。

# service mongodb restart

 

  • MongoDB にデータベースとユーザーを作成します。

# mongo --host 172.<ID>.30.80 --eval '

db = db.getSiblingDB("ceilometer");
db.addUser({user: "ceilometer",
           pwd: "openstack",
           roles: [ "readWrite", "dbAdmin" ]})'

 

mongo --host 172.<ID>.30.80 --eval 'db = db.getSiblingDB("ceilometer"); db.addUser({user: "ceilometer", pwd: "openstack", roles: [ "readWrite", "dbAdmin" ]})'

 

  • /etc/ceilometer/ceilometer.conf に設定を追加します。

#データベース設定

[database]

connection = mongodb://ceilometer:openstack@172.<ID>.30.80:27017/ceilometer

 

#Ceilometer サービスノード同士のパスワード

[publisher]

metering_secret = openstack

 

#RabbitMQ設定

rabbit_host = 172.<ID>.30.80

 

  • 管理者権限としてOpenStack に認証してから ceilometer サービスユーザーを作成します。

$ keystone user-create --name=ceilometer --pass=ceilometer
$ keystone user-role-add --user=ceilometer --tenant=service --role=admin

 

  • 再度、/etc/ceilometer/ceilometer.conf を編集し認証設定を行います。

[keystone_authtoken]

auth_host = 172.<ID>.30.80

auth_port = 35357

auth_protocol = http

auth_uri = http://172.<ID>.30.80:5000

admin_tenant_name = service

admin_user = ceilometer

admin_password = ceilometer

 

[service_credentials]

os_auth_url = http://172.<ID>.30.80:5000/v2.0

os_username = ceilometer

os_tenant_name = service

os_password = ceilometer

 

  • Ceilometer を Keystone に登録します。

$ keystone service-create --name=ceilometer --type=metering \
 --description="Telemetry"
$ keystone endpoint-create \
 --service-id=$(keystone service-list | awk '/ metering / {print $2}') \
 --publicurl=http://172.<ID>.30.80:8777 \
 --internalurl=http://172.<ID>.30.80:8777 \
 --adminurl=http://172.<ID>.30.80:8777

 

 

  • 各サービスを再起動します。

# service ceilometer-agent-central restart
# service ceilometer-agent-notification restart
# service ceilometer-api restart
# service ceilometer-collector restart
# service ceilometer-alarm-evaluator restart
# service ceilometer-alarm-notifier restart

 

 

 

コンピュート・ノード

 

  • Ceilometer のコンピュートエージェントをインストール

# apt-get install ceilometer-agent-compute

 

  • /etc/nova/nova.conf へ設定を追加

[DEFAULT]

instance_usage_audit = True

instance_usage_audit_period = hour

notify_on_state_change = vm_and_task_state

notification_driver = nova.openstack.common.notifier.rpc_notifier

notification_driver = ceilometer.compute.nova_notifier

 

  • コンピュートの再起動

# service nova-compute restart

 

  • /etc/ceilometer/ceilometer.conf へ設定を追加/編集します。

#Ceilometer サービスノード同士のパスワード

[publisher]

metering_secret = openstack

 

#RabbitMQ設定

[DEFAULT]

rabbit_host = controller

 

#認証情報

[keystone_authtoken]

auth_host = 172.<ID>.30.80

auth_port = 35357

auth_protocol = http

auth_uri = http://172.<ID>.30.80:5000

admin_tenant_name = service

admin_user = ceilometer

admin_password = ceilometer

 

[service_credentials]

os_auth_url = http://172.<ID>.30.80:5000/v2.0

os_username = ceilometer

os_tenant_name = service

os_password = ceilometer

 

  • 設定を適用するためエージェントを再起動します。

# service ceilometer-agent-compute restart

 

 

 

イメージサービス(コントローラー・ノード)

 

  • イメージのサンプルを取得するには、Glance がバスに通知を送るよう設定します。/etc/glance/glance-api.conf の [DEFAULT] セクションを編集します。

notification_driver = messaging

rpc_backend = rabbit

rabbit_host = 172.<ID>.30.80

 

  • Glance サービスを再起動します。

# service glance-registry restart
# service glance-api restart

 

 

 

ブロック・ストレージサービス(コントローラー・ノード、ストレージ・ノード)

 

  • ボリュームのサンプルを得るには、Cinder がバスに通知を送るように設定します。Cinder サービスがインストールされているノード(コントローラー、ストレージ)でそれぞれ以下の設定を行います。/etc/cinder/cinder.conf の [DEFAULT] セクションを編集します。

control_exchange = cinder

notification_driver = cinder.openstack.common.notifier.rpc_notifier

 

  • Cinder サービスを再起動します。

    コントローラー・ノード

# service cinder-api restart
# service cinder-scheduler restart

 

  • ストレージ・ノード

# service cinder-volume restart

 

 

 

インストールの確認

 

  • ceilometer meter-list コマンドを利用して Ceilometer が集めている情報を取得します。

$ ceilometer meter-list

 

  • ceilometer statistics である項目についての情報を取得します。

$ ceilometer statistics -m image.download

 

正常に Ceilometer が動いていることを確認したら、コレクションを行うためにインスタンスやボリュームを環境に立ち上げてしばらく待ちます。

 

Ceilometer の値は、Horizon の「リソース使用状況」メニュー(Ceilometer をインストールすると追加される)からも見る事ができます。

 

Ceilometer が取得する値については、こちらを参照してください:

http://docs.openstack.org/developer/ceilometer/measurements.html

 

 

  • Twitter Square
  • facebook-square

Copyright © ASEANLABS, Inc. 2014. All rights reserved.