OpenStackシステム管理1コース

OpenStackを導入する際に理解すべき、各コンポーネントの構成と導入方法をマシン実習を通して修得します。

OpenStackをより深く理解するために実習では、各生徒に4台の専有ノードを提供します。

あえてインストーラを利用せず、コンポーネントごとに導入するため、各コンポーネントの設定、コンポーネント間の相互関係などを明確に理解できます。また、人為的ミスを回避する自動導入の必要性も理解できます。

受講後、自社環境で再度試してみると更に理解が深まります。

 

実際に4台マルチノード導入を体験できるのは弊社コースだけです。(2014年7月時点)

まずは、OpenStackを体感してください。

日時

こちらのコースは2016年3月で終了いたしました。

場所

田町駅徒歩5分

受講条件

以下のすべてを満たしている方

 

  • 「概要コース」+「システム管理コース1」の3日間で基礎コースとなっております。
    特別な事由が無い限り、「概要コース」を受講した上で本コースを受講してください。

  • 弊社の「OpenStack概要コース」を修了、または同等知識をお持ちの方
    例)Nova Conductorとは?
    例)Nova Schedulerとは?
    例)OpenStackにおけるMessage Queueの重要性とは?
    例)Keystoneがユーザ認証以外に実施している重要な機能とは?
    ※ 不明な場合は、「OpenStack概要コース」の受講もご検討下さい。

 

  • Linuxの基本的な操作を理解している方

  • 仮想化技術の基本知識をお持ちの方

 

※ OpenStack Foundationのサイトでは、以下をお勧め致します。

内容

第1章 OpenStack概要の復習(15分程度)
・OpenStack各種コンポーネントの復習

※ 基礎から学びたい方は、概要コースの受講をお勧めします。


第2章 OpenStackのマニュアルインストールⅠ(1日目)
・OpenStack Databaseのインストール
・Messaging Queueのインストール
・Keystoneのインストール
・Glanceのインストール
・Novaのインストール 

・Neutronのインストール


第3章 OpenStackのマニュアルインストールⅡ(2日目)
・Cinderのインストール
・Horizonのインストール


第4章 ハンズオン課題
・環境導入後のコマンドラインを利用したハンズオン課題
・簡単なトラブルシューティング演習

 

第5章 まとめ
・OpenStackの自動導入の最新事例
・OpenStackの最新動向など

 

※ 本コースは、OpenStack FoudationがReferene Architectureとして紹介している
 ubuntuの
ディストリビューションを利用します。

 また、ハイパバイザー自体を意識することはほとんどありませんが

 軽量のQEMUを利用します。

コース修了後のスキル

・4台以上のマルチノードでOpenStack環境を構築できる
・UIとCLIを利用してOpenStackを管理できる
・OpenStackの基本構成パラメータを設定できる

受講料

129,600円(8%消費税込)/ 120,000円(税抜)    

 

受講前のお支払いを希望しますが、お支払期日の相談に乗ることは可能です。

振込手数料はお客様にてご負担頂きますようお願いします。

申込方法

受講を希望される方は利用規約に同意の上、申込書をinfo@aseanlabs.comに送付下さい。

申込受付後、請求書を発行します。

 

こちらから申込書をダウンロードして下さい。

キャンセル期限は、受講日の1週間前の16:30です。

キャンセルされる場合は、info@aseanlabs.comまでご連絡下さい。

定員

12名程度(最小催行人数5名)

 

最小催行人数に満たない場合は、主催者側の裁量にて中止させて頂く場合があります。

開催可否に関しましては、受講日の2週間前に確定し、中止の場合のみお申込時に頂いた連絡先にお知らせ致します。

  • Twitter Square
  • facebook-square

Copyright © ASEANLABS, Inc. 2014. All rights reserved.