OpenStackシステム管理1コース(OPCEL認定試験チケットあり)

OpenStackを導入する際に理解すべき、各コンポーネントの構成と導入方法をマシン実習を通して修得します。

OpenStackをより深く理解するために実習では、各生徒に4台の専有ノードを提供します。

あえてインストーラを利用せず、コンポーネントごとに導入するため、各コンポーネントの設定、コンポーネント間の相互関係などを明確に理解できます。また、人為的ミスを回避する自動導入の必要性も理解できます。

受講後、自社環境で再度試してみると更に理解が深まります。

 

本コースでは、実際に4台マルチノード導入を体験できます。

まずは、OpenStackを体感してください。

日時

11月開催: 2018年11月07日(水) - 09日(金) 10:00 - 17:00

01月開催: 2019年01月16日(水) - 18日(金) 10:00 - 17:00

02月開催: 2019年02月13日(水) - 15日(金) 10:00 - 17:00

03月開催: 2019年03月06日(水) - 08日(金) 10:00 - 17:00

※ コース受講後、OPCEL認定試験の受験チケットをお渡しいたします。

      後日、ピアソンVUEテストセンターにて各自受験していただきます。

      ピアソンVUEテストセンターにつきましては、こちらのURL情報をご参照下さい。

      https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/OPCEL.aspx

      OPCEL認定試験の詳しい内容につきましては、こちらのURL情報をご参照下さい。

      http://opcel.org/

場所

田町駅徒歩5分

受講条件

以下のすべてを満たしている方

  • Linuxの基本的な操作を理解している方

  • 仮想化技術の基本知識をお持ちの方

 

※ OpenStack Foundationのサイトでは、以下をお勧め致します。

内容

【1日目】

●OpenStack概要コース

 

【2日目】

●OpenStackシステム管理1コース

 

1.OpenStackインストールハンズオン環境準備

 

2.OpenStack Identity service(Keystone)

Keystoneのインストールと設定

・テナント(プロジェクト)の作成

・ロールの作成

・ユーザーの追加

・サービス・エンドポイントの定義

・サービス・テナントとサービス・ユーザーの作成

 

3.OpenStack Image Service(Glance)

・データベース設定

Keystoneとの連携

Glanceでイメージ管理

 

4.OpenStack Compute Service(Nova) 1

・Novaサービスのインストール

・データベースの設定

・Novaの設定(コントローラ・ノード)

・Nova Computeサービスのインストール

・Novaの設定(コンピュート・ノード)

・Novaサービスの確認

 

5.OpenStack Network Servive(Neutron)

・Neutron Server(コントローラ)のインストール

・Neutron Agent(コンピュート)のインストール

・Neutron Agent(ネットワーク)のインストール

・仮想ネットワークの構築

 

6.OpenStack Compute Service(Nova) 2

・インスタンス管理

・フレーバーの管理

・セキュリティグループの管理

・キーペアの管理

・インスタンスの作成

・フローティングIPの利用

・インスタンス操作(停止・開始・再起動・削除・スナップショット)

・Metadataサービスの確認

 

【3日目】

●OpenStackシステム管理1コース

 

7.OpenStack Block Strage(Cinder)

・Cinderサービス・コントローラのインストールと設定

・Cinderサービス・ノードのインストールと設定

・Cinderを利用したボリューム操作

 

8.OpenStack Dashboard(Horizon)

 

9.OpenStackハンズオン演習

 

10.トラブルシューティング演習

 

11.OpenStackの導入

 

補足資料

・OpenStack Libertyスクリプト一覧

・OpenStackよく使うコマンド集

 

※ 本コースは、OpenStack FoudationがReferene Architectureとして紹介している
 ubuntuの
ディストリビューションを利用します。

 また、ハイパバイザー自体を意識することはほとんどありませんが

 軽量のQEMUを利用します。

コース修了後のスキル

・4台以上のマルチノードでOpenStack環境を構築できる
・UIとCLIを利用してOpenStackを管理できる
・OpenStackの基本構成パラメータを設定できる

受講料

226,800円(8%消費税込)/ 210,000円(税抜)    

 

受講前のお支払いを希望しますが、お支払期日の相談に乗ることは可能です。

振込手数料はお客様にてご負担頂きますようお願いします。

申込方法

受講を希望される方は利用規約に同意の上、申込書をinfo@aseanlabs.comに送付下さい。

申込受付後、請求書を発行します。

 

こちらから申込書をダウンロードして下さい。

キャンセル期限は、受講日の1週間前の16:30です。

キャンセルされる場合は、info@aseanlabs.comまでご連絡下さい。

定員

15名程度(最小催行人数5名)

 

最小催行人数に満たない場合は、主催者側の裁量にて中止させて頂く場合があります。

開催可否に関しましては、受講日の2週間前に確定し、中止の場合のみお申込時に頂いた連絡先にお知らせ致します。